「もうすぐ世界が終わるとしたらどうする?」
《概念》を奪う「侵略者」はほかにもいた。
映画『散歩する侵略者』から生まれた恐怖と驚愕の侵略サスペンス。

劇作家・前川知大率いる劇団「イキウメ」の人気舞台を、国内外で常に注目を集める黒沢清監督が映画化した『散歩する侵略者』。
数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくる、という大胆なアイデアをもとに描かれたこの作品は、迫りくる侵略のサスペンスと壮大な愛の物語を見事に融合させ、全く新しいエンターテインメントとして大ヒットを記録した。
同じとき―、
「侵略者」がやってきたそのとき、別の街では何が起きていたのか?
黒沢のそんな着想から生まれた本作では、新たな設定、キャストでアナザーストーリーが語られてゆく。
監督を務めるのは映画『散歩する侵略者』と同じく黒沢清。
黒沢とともに脚本を担当したのは『リング』シリーズを手掛け、世界にJホラーブームを巻き起こした高橋洋。
『蛇の道』(98)以来の黒沢とのタッグで、不穏な空気が渦巻く恐怖と驚愕の世界を見事に作り上げた。
そんな黒沢ワールドに集結したのは夏帆、染谷将太、東出昌大ら、人気・実力を兼ね備えた豪華キャスト。
黒沢に「神がかった熱演」と言わしめた彼らの演技から目が離せない。
常軌を逸していく世界で、ただひとつ揺らがないものとは―
今、新たな物語が始まる。

11/11(土)公開

yocho-movie.jp

(C)2017「散歩する侵略者」スピンオフ プロジェクト パートナーズ

タグ一覧

関連記事